女優・佐藤みゆきの日々の感慨を綴ります。お仕事のおしらせもこちらから。


by satoukichiyome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ミナモザ『hotparticle』

こんばんわ。暑い日が続いていますね。
夏ばてになんてなっていませんか?
私は『荒野に立つ』ツアー中に贅沢を尽くしてその土地のおいしいお料理を頂いたことを、
後悔せずに認めるために節食していたら夏ばて気味になっていることに気がつき、
心ゆくまで食べようと心に決めました。カラダが資本!

そういえば、福島の実家の母が、8月3日に再び肉牛の件で東電前に来ていたそうで、
それ以来どうも体の調子がおかしいとの事。
例年は葉タバコの農繁期で夏は風邪をひいている暇も無かったのですが・・・今年は産まれてからコノカタ休むことなく作り続けていた葉タバコを作れないのですから、調子が崩れてもおかしくないですよね。

3月震災直後、なかなか実家と連絡が取れなくて、ようやく繋がった電話で私は母に『この公演(当時elePHANTMoon『劣る人』の本番直前だった)が終わったらしばらく農業を手伝いに帰るよ』といったのだけど、母は『これから母親になるかもしれないんだから来ないほうがいい』と言った。
私は母のその言葉と態度に、ずしんときた。
もう、故郷に帰ることはできなくて、私は故郷を失ってしまったのかもしれないと涙を流した。

4月、母のいうことを聞きしばらく故郷に帰れないと決まり、
調度よく、すばらしいお話をいただきMrs.fictions『15 Minutes Made」』に出演が決まり休む暇なく稽古と本番。東京と大阪の2都市公演で、被災地にもって行きたいくらいのすてきな作品ばかりで、私はそのときを愛しいと思いながらもなにか物足りなくヒリヒリとした気持ちがあった。
それは、故郷に対する念とものたりなさ。
職業柄できることはなにもできないのはわかっていたのだけど、それにしても。

5月。母の日を祝うため、それぞれ実家を離れている我が3姉弟が集まれることになり、家族旅行をすることになった。栃木まで足を伸ばして、滝を眺め、餃子を食べた。小学生ぶりだろうか、家族旅行。
家族はとても元気で、しかし大酒のみだった父は病気でお酒を飲むことができなくて、私だけがビールをすすっていた。今度あったら飲もうねーなんて約束をした。
私は何もできないけれど、どうにか福島に関わることをしたいと思い始めていた。
1人芝居で被災地をめぐるとか?こゆび侍で福島ツアーをするとか?どれにしても来年以降になってしまいそうだ。
そんなことをぐるぐる考えていたら突如、『劣る人』で共演した美咲さんから電話。『ホットパーティクル』の原案を聞く。共演したときに、ものすごく好きになってしまっていた彼女が自分のドキュメンタリーをやりたいのだと言う。そして、瀬戸山美咲役をどうしても私にやって欲しいのだと言う。
すぐに逢って話を聞いて、興奮した気持ちを収めてからまた考えた。『今』この演劇に関わることは俳優としてリスキーなのかもしれない。でも私は『今』だからやりたいと思っているのかもしれない。とにかく、やりたいことをやるって事は大事にしたい、んだ!あたしは!
美咲さんにお返事をして、私はミナモザの出演を決めた。

6月~8月。阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』に明け暮れて、『今』。
ようやく私は美咲さんを演じる日が近づいてきています。
前置きが長くなりました。とても、観ていただきたい作品です。
稽古はもうすぐ始まりますが、チケットはもう発売しております。よろしければぜひ、いらしてください。
お待ちしています。誠心誠意、本当に誠心誠意。お届けします。

ミナモザ#12 『ホットパーティクル』 
2011年9月21日(水)-27日(火)
@SPACE雑遊
http://minamoza.com/hotparticle/
f0132234_23424128.jpg

2011年春、私は原発に会いに行く。

東日本大震災から1ヵ月が経った4月某日。「私」は頭を抱えていた。
劇場の中より外がはるかに劇的になってしまった今、どんな演劇が演劇として成り立つのか。
悩んだ末たどり着いたのはフィクションを放棄するという選択だった。
つくりものが現実に勝てないなら、いさぎよく敗北を認め、現実そのものを舞台に載せよう。
とはいえ、現実にもいろいろある。「私」が知っているのは、あくまでも3月11日以降の「私」自身の現実だけだ。ならばそれを描こう。
結婚の予定はおろか、恋人もいない、売れない劇団をひとりでやっている33歳の女が、
なかば自暴自棄になりながら眺めた東京の現実、演劇の現実、そして勢いだけで向かった福島で見た景色。

その日、「私」はみんなから避けられている福島第一原発に自分を重ね合わせてしまった。
「いつ死んでもいい」が口癖だった「私」は「彼」に会いに行くことを決める。
まるで片想いの相手に会いに行くように。
そんなことして何になるのか。その先に何か答えでもあるというのか。
そもそも、「彼」に会いにいくことはひとつの可能性を捨てることにはならないか。
原発まであと20キロ。自分の人生を見失った愚かで不謹慎な女の旅が始まる。

「私」=瀬戸山美咲(ミナモザ主宰・東京都出身)を演じるのは、佐藤みゆき(こゆび侍所属・福島県出身)。
わが身を捧げたドキュメンタリー演劇が幕を開ける。
これは、今、地球上に生きる全人類におくる超個人的な愛と平和の記録。
すべて実話です。

※ホットパーティクルとは、放射能を持った粒子のこと。主にプルトニウム粒子を指す。その毒性は強く、人体を激しく汚染する。

作・演出 瀬戸山美咲

出演 佐藤みゆき(こゆび侍)  平山寛人(鵺的) 浅倉洋介 外山弥生
    秋澤弥里 西尾友樹 大川大輔(しもっかれ!) /中田顕史郎 

舞台監督/伊藤智史 照明/上川真由美 音響/前田規寛 
ドラマターグ/中田顕史郎 演出助手/中尾知代(蜂寅企画) 
宣伝写真/服部貴康 宣伝デザイン/高田唯
制作/印宮伸二 企画・製作/ミナモザ

<チケット> 全席自由
前売 3000円 当日 3300円
☆初日割引(9月21日) 前売2500円 当日2800円
学割(前売・当日ともに) 2500円 
高校生以下(前売・当日ともに) 2000円
学割チケットは劇団のみ取り扱い。当日、学生証の提示をお願いいたします。

<チケット取り扱い>
●チケットフォーム(佐藤扱い)
https://ticket.corich.jp/apply/28566/003/

●メール ticket(アットマーク)minamoza.com
(お名前・ご連絡先・ご希望の日時・枚数・チケットの種類・『佐藤扱い』の旨をご記入ください。折り返し、確認のメールをお送りいたします)
[PR]
by satoukichiyome | 2011-08-19 00:16 | 携帯から更新 | Comments(5)

荒野に立つ、が終演しました。

f0132234_18362882.jpg

どうもこんにちは、ご無沙汰しています。さとうです。

阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』、大阪、福岡含めてすべてのステージが終了しました。ぽかん、としている暇もなく止まっていた日常が急激におしよせてきています。
観に来てくださった皆様、応援や宣伝をしてくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。みなさまのおかげでございすよ、ほんとに。私たちの演劇を受けとめてくださってありがとう。観てくださるみなさまがいなくちゃ、何の意味もなかったんだから。


わたしは今回の舞台で、昨日よりずっとややこしくなった気がします。うまくいえないけど、共演者のみんなにもらった言葉は、確実に私に根付いて今後の私に響き続けることだとおもうのです。

稽古が始まってから、まる2カ月半このメンバーで作品を作り続けた。かかわり続けた。圭史さんの描く世界に、一ヵ月もとどまりながら、考え続けることができて本当に幸せな時間だった。
千秋楽で交わした『またいつか、一緒に』の、その日のために一日一日を大事にいきること。のだ。

写真は最愛の人たち。
中村まことさんと、斎藤めぐみ。
またね。あそんでね。お疲れさまでした!
[PR]
by satoukichiyome | 2011-08-16 18:36 | 日記 | Comments(4)

プロフィール

佐藤 みゆき
MIYUKI SATO
From Fukushima
32歳 女優
同級生演劇部

映画
056.gif初主演作品056.gif
「真白の恋」(2015)
監督 坂本欣弘
脚本 北川亜矢子
2017/2/11 TOHOシネマズファボーレ富山 TOHOシネマズ高岡
2/25〜アップリンク渋谷にて上映中!

最後のお願い!クラウドファンディング実施中040.gif040.gif040.gif
https://motion-gallery.net/projects/mashironokoi
なら国際映画祭 観客賞受賞❗️

056.gif細野辰興 監督作品『貌斬り KAOKIRI〜戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より』
2016/12/3
新宿K’s cinemaより順次全国ロードショー❗️
http://makotoyacoltd.jp/

056.gif福島ドキュメンタリー
「1/10~Fukushimaをきいてみる 2016年版」
監督/古波津陽 
撮影/柏崎佑介 
聞き手/佐藤みゆき
2017/3/20 @吉祥寺 麻よしやす
http://fukushima-ask.info/
10年作り続けるドキュメンタリー4年目❗️
お声掛けいただければ世界中の何処へでも持っていきます。※NYでの上映もされています

2016/12/2
貞子vs伽椰子
DVD&Blu-Ray 発売‼︎

056.gifFossette concierge
フォセットコンシェルジュ所属056.gif056.gif056.gif
http://www.fosecon.com/index.html
お仕事のご依頼はこちらから。
得意なことも、まだトライしたことのないことも、なんでもやってみたいと思っています。ご提案ください。

2016年は15分ワンシーンワンカットノー編集の動画に挑戦!QSCクオータースターコンテストにてグランプリ受賞🎶
「マルイチ」

映画、ドラマ、CM、舞台、ラジオドラマ、ナレーション問わず、広くお芝居を生業として生息。人と、自然と、おいしいものが大好き。
趣味は料理、プラモデル、散歩、バレーボール、フットサル、からだを動かすこと、ラクガキと文字、人の話を聞くこと、おしゃべり、お酒、珈琲、おいしいもの、旅、CM鑑賞、舞台鑑賞、映画。最近、オンガク、スパイス、そしてI want to laern English! and learn original fashion!
関わる人たちの人生を豊かにできる人になりたい。なかよくしてくださいませ。

New‼️
【舞台】
劇団チョコレートケーキ
第28回公演『60‘sエレジー』
脚本:古川 健
演出:日澤雄介
2017年5月3日(祝・水)~21日(日)
@新宿・サンモールスタジオ

所得倍増計画、集団就職、新・家電三種の神器、そしてアジア初の五輪『東京オリンピック』
今から半世紀さかのぼる1960年代、高度経済成長期。史上、最も日本人の生活が変わった時代。より豊かに、より便利に、様々な『心』を置き去りにして上昇していった日本社会。あの頃の日本人は何を望み、何を失ったのか?東京下町のある町工場 に集い、寄り添い生きた人々の60's

【出演】
浅井伸治
岡本 篤
西尾友樹
  (以上、劇団チョコレートケーキ)
林 竜三
日比野線(FunIQ/劇団半開き)
足立 英
浦田大地(ナナイロスペース)
栗原孝順
佐藤みゆき
声の出演 高橋長英


【映画】056.gif
2016
10/4 更新

Stage
この度、ユニット立ち上げました❗️
同級生演劇部
http://dokyuseiengekibu.strikingly.com/

Movie
貞子vs伽椰子」(2016)白石晃士監督

脳内ポイズンベリー』(2015)佐藤祐市監督

超能力研究部の3人』(2014)山下敦弘監督

わたしのハワイの歩き方』(2013)前田弘二監督

Drama
2016
「世にも奇妙な物語’16 春の特別編」『通いの軍隊』 尾関役

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」第4話 バスの母親役

Web
雲海酒造 そば焼酎雲海 「そばソーダで羊会」

再春館製薬所
「長白仙参」「大切なことに気づける」~母とのぼる階段~

NTTdocomo dキッズ 「はじめてのラブレター」 メイン母親役

CM
ケンタッキーフライドチキン 骨なしケンタッキー やみつき醤油だれ「やみつきを教える」篇

オートバックス「カーライフ会議/車検」篇

セキスイハイム東海
隕石 どーするのよウチは!
カオ技
ホコリと花粉 おいしい空気フィルター

資生堂 ワタシプラス おうちで美容相談「市役所の恋」メイン折出君子役

レイコップ「選ばれて300万人」篇

江崎グリコ株式会社・ジャイアントコーン 「自分を労う」

studio CLIP 春『移動式ピクニックの日』篇
夏『サプライズキャンプの日』篇

読売新聞 『人生案内』現代編 

検索

ブログパーツ

カテゴリ

全体
お仕事のお知らせ
福島ドキュメンタリー
出演記録
いただきもの
携帯から更新
日記
映画

ドキュメンタリー
見て欲しいって思うもの
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月

お気に入りブログ

嫁の鬱ブログ

最新のコメント

60'sエレジー、観て来..
by 堀岡 at 01:42
いちげんさん。 そうなの..
by satoukichiyome at 17:29
まさに“出逢いに感謝!”..
by いちげんさん at 07:06
> まめさん ありがと..
by satoukichiyome at 18:17
> はりーさん ありが..
by satoukichiyome at 18:12
映画、昨日だったのですね..
by まめ at 21:38
高岡にて『真白の恋』観て..
by はりー at 00:59
> 堀岡さん 堀岡さん..
by satoukichiyome at 12:14
> 楽しみ!!さん こ..
by satoukichiyome at 12:06
> 河地武宗さん とて..
by satoukichiyome at 12:02

ライフログ

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
東京自由が丘・ベニス村の夜景
from dezire_photo &..
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

芸能・アイドル
演劇

画像一覧